生活保護葬(福祉葬)をご存知ですか?
故人様または、喪主の方が生活保護受給者の場合は、ご負担額0円でお葬式が行えます。

生活保護葬(福祉葬)は、生活保護を受けておられるご本人様がお亡くなりになった場合や、喪主を務められる方が生活保護受給者である場合に、市区町村などの自治体よりご葬儀・お別れ式費用として葬祭扶助(そうさいふじょ)が支給されます。
※各自治体により、ご葬儀・お別れ式を行う方が生活保護受給者でない場合でも、生活の状況などを加味して対応いただける場合もございます。

葬祭扶助の範囲内で行うご葬儀・お別れ式が生活保護葬です。条件が合えば、どなたでも申請可能ですので、ご希望の方はお知らせください。
多くの場合は生活保護を受けていらっしゃるご夫婦のどちらかがお亡くなりになられた場合に、申請されるケースが多くございます。

ご利用になる代表的なケース

喪主様、またはお葬式を行う方が、生活保護受給者である
故人様が、生活保護受給者である
ご夫婦または親子など世帯で、生活保護を受給されている

葬祭扶助が支給される条件

  • 喪主様(お葬式を行う方)が生活保護受給者の場合
  • 故人様が生活保護受給者であり、配偶者や親子など親族もご葬儀・お別れ式費用を負担する能力がない場合
  • ご葬儀・お別れ式を行うご遺族様(扶養義務者)がいない場合
  • ご遺族様が遺体の引取りを拒否した場合

※故人様に預貯金がある、ご親族様にご葬儀・お別れ式費用の支払い能力があるなどの経済的事情により葬祭扶助が受けられない可能性もあります。
※事前(火葬前)に福祉担当(ケースワーカー)へ葬祭扶助の申請を行い、福祉担当が最終的な判断を行います。

生活保護葬(福祉葬)に含まれるサービス

お迎え
  • 寝台車
  • ドライアイス
ご安置
  • 枕飾り一式
  • ご安置料金
納棺
  • お棺
  • 仏衣一式
  • 棺用布団
  • 役所・火葬場手続き代行
火葬
  • 寝台車
  • 火葬料金
  • 骨壷・骨箱
  • 自宅飾り一式
  • 白木位牌

生活保護葬(福祉葬)の流れ

一般的なお葬式のようにお通夜・告別式をおこないません。火葬日までご自宅にてご安置となりますが、ご自宅にスペースのない場合や近隣の方に知られたくない場合は安置室をご利用いただけます。

葬祭扶助の申請

お葬式を行う前に、福祉担当(ケースワーカー)へ葬祭扶助を申請してください。
申請者の生活状況・資産などから審査が行われます。

お葬式(火葬)終了後に申請することはできません。
弊社では申請もサポートしております。当日・事前にかかわらずご要望がありましたらお知らせください。

 

当日:お迎え・ご安置・葬祭扶助申請

病院・施設・警察署まで寝台車にてお迎えに上がります。
故人様をご自宅・安置室へご安置いたします。
葬祭扶助の申請を行います。

 

翌日:お手続き・ご納棺・火葬

法律により、火葬は死後24時間経過以後となります。
葬祭扶助の申請・火葬場予約が確定次第、最短で2日目に火葬が可能です。

 

3日目:火葬・ご帰宅

申請や火葬場の予約状況により、火葬が3日目以降になる場合もございますので予めご了承ください。
お骨上げ終了後はご帰宅となります。

 

お電話:03-4500-9817

24時間365日いつでも担当者が対応いたします。
ご葬儀・お別れ式のご相談・お問い合わせ・ご依頼は遠慮なくご連絡ください。
PAGE TOP